【全国高校駅伝2019男子】仙台育英のメンバー!注目選手の出身中学や進路は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

岩手県代表は6年連続30回目の出場となる仙台育英高校!

歴代の先輩方を超えるコース新記録を出した仙台育英、

注目選手は留学生のムチリ・ディラング選手をはじめ

インターハイ5000m3位の吉居大和選手、

区間新記録を出したインターハイ5000m11位の喜早駿介選手

同じく区間新記録を出した山平怜生選手です。

都道府県大会で最も良い記録を出している仙台育英高校の目標はもちろん優勝!

仙台育英高校男子のメンバーや注目選手の経歴や進路などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】仙台育英高校のメンバー!

選手 学年 5000m記録
菊地駿介
3
14分18秒56(19/11/17)
喜早駿介
3
14分17秒87(18/9/29)
三浦剛
3
14分27秒39(19/11/17)
吉居大和
3
13分55秒10(19/7/7)
小原快都
2
14分33秒80(19/9/28)
白井勇佑
2
14分34秒07(19/7/7)
ムチリ・ディラング
2
14分13秒33(18/9/29)
山岸柊斗
2
14分31秒52(19/11/17)
山平怜生
2
14分15秒30(19/11/17)
吉居駿恭
1
14分24秒56(19/11/17)

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】仙台育英高校の注目選手!

喜早駿介選手(3年生)

氏名 喜早駿介(きそうしゅんすけ)

出身地 宮城県仙台市宮城野区

出身中学校 仙台市高砂中学校

今季1万m28分台を出している仙台育英高校の喜早駿介(きそうしゅんすけ)選手、

高校卒業後の進路が気になりますが、、2020年春に仙台育英高校を卒業する3年生についての進路が未定となっており

喜早駿介(きそうしゅんすけ)選手の進路については未定です。

進路としては順天堂大学、もしくは東海大学に入学するのではないかという予想がありました!

喜早駿介(きそうしゅんすけ)選手のお兄さん、喜早太一さんが現在順天堂大学の2年生、

もしかしたら兄のいる順天堂大学に進学するかもしれませんね!

追記

仙台育英高校の喜早駿介(きそうしゅんすけ)選手の進路は【東海大学】に進学予定です。

憧れはマラソン日本記録保持者の大迫傑選手。

仙台育英高校卒業後は大迫選手を過去に指導した両角監督のもとで走るため東海大に入学。

ルーキーで出雲、全日本、箱根の3大駅伝出場を目指すということです。

吉居駿恭選手(1年生)

氏名 吉居駿恭(よしい・しゅんすけ)

生年月日 2003年4月8日生まれ

年齢 16歳

身長 168cm

体重 54kg

出身地 愛知県田原市

大草小5年から田原市陸上クラブで陸上を始め、田原東部中3年の18年全国中学大会で男子1500メートル優勝、

3000メートル2位。

仙台育英高では11月の東北高校駅伝2区(3キロ)区間賞でチームの優勝に貢献。

5000メートルの自己ベストは14分24秒56。

家族は両親と双子の兄2人。

仙台育英高校の1年生、吉居駿恭選手の兄は3年生の吉居大和選手です。

愛知・田原東部中時代は全国中学大会で1500メートルを優勝。

鳴り物入りで兄・大和がいる仙台育英に進学した吉居駿恭選手、

仙台育英高校のエースとして活躍してきた大和選手について

「お兄ちゃんは本当に優しい。レース前もリラックスできる言葉をかけてくれる」

と話していますが、競技ではライバルとのこと。

今季の兄の活躍には

「これまでの実績では逆転されたので、高校総体で留学生にも勝って抜きたい」と燃えています。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】仙台育英高校のメンバー!注目選手の出身中学や進路は?まとめ

男子第70回全国高校駅伝競走大会は12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

都道府県予選会タイムが全国トップの仙台育英は優勝を狙う位置につけていますが、

昨年の都大路では序盤の出遅れもあり11位という悔しい結果となりました。

選手たちは昨年の雪辱とともに、12年ぶりのV奪還に燃えています。

1年生から都大路を走り続けてきた吉居大和選手、喜早駿介選手の3年生ダブルエースが集大成の年を迎える仙台育英高校、

都大路でどんな戦いを繰り広げるのでしょうか?

追記

仙台育英高校の喜早駿介(きそうしゅんすけ)選手の進路は【東海大学】に進学予定です。

憧れはマラソン日本記録保持者の大迫傑選手。

仙台育英高校卒業後は大迫選手を過去に指導した両角監督のもとで走るため東海大に入学。

ルーキーで出雲、全日本、箱根の3大駅伝出場を目指すということです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です