【全国高校駅伝2019男子】滋賀学園のメンバー!注目選手の進路や自己ベスト記録は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する滋賀県代表・滋賀学園は2年連続12回目の都大路出場です。

滋賀学園高校の都大路メンバー、

3年生の進路や注目選手のベスト記録などをご紹介していきます。

【全国高校駅伝2019男子】の滋賀学園高校メンバー

選手 学年 5000m記録
安原太陽
3
14分22秒03(19/12/1)
西田歩
3
14分26秒60(19/12/1)
前新城羽信
3
14分57秒60(19/10/19)
林優策
3
14分38秒56(19/12/1)
梶谷優斗
2
14分33秒64(19/10/19)
小嶋郁依斗
2
14分46秒06(19/12/1)
杉本和己
2
14分52秒66(19/11/16)
中井歩夢
2
15分08秒80(19/10/19)
西川優太
2
14分49秒55(19/12/1)
入江聖空
1
16分49秒45(19/8/19)

【全国高校駅伝2019男子】滋賀学園高校の注目選手は?

【全国高校駅伝2019男子】滋賀学園高校

主将を務めているのは、前新城羽信(まえしんじょうわしん)選手です。

前新城羽信(まえしんじょうわしん)選手、とってもめずらしくインパクトのあるお名前ですが、

沖縄県の出身とのこと!

前新城羽信(まえしんじょうわしん)選手の出身中学校は、

宮古島市立久松中学校です。

メンバーの中には、12月に入って5000mの記録を14分台30分を切った選手が2人もいます。

安原太陽選手が【14分22秒03】とチームトップ、

西田歩選手は【14分26秒60】と14分30分切り!

安原太陽選手の進路については不明ですが、

西田歩選手、14分台ランナーの前新城羽信(まえしんじょうわしん)選手は滋賀学園高校卒業後に【中央学院大学】へ進学予定となっています。

箱根駅伝で連続シード獲得で注目されている中央学院大学、

中央学院大学は育成力に定評のあるチームなので

西田歩選手、前新城羽信選手の大学での活躍も楽しみですね!

【全国高校駅伝2019男子】滋賀学園のメンバー!注目選手の進路や自己ベスト記録は?まとめ

全国高校駅伝競走大会滋賀県予選で2年連続12回目の優勝を果たした滋賀学園高校、

滋賀学園は全7区間のうち6区間で区間賞と独走の展開で都大路出場を決めています。

前新城羽信(まえしんじょうわしん)主将、

西田歩選手は2020年春にそろって中央学院大学へ進学予定!

都大路での快走に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です