川崎新太郎選手(中央大学)の出身中学高校は?箱根駅伝の成績や自己ベストも!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝!

箱根駅伝といえば、出場回数、最多優勝、最多連続優勝ときっての名門、中央大学の存在がかかせませんよね!

箱根駅伝予選会ではまさかの最下位通過だった中央大学。

その中央大学はMGCにも出場した堀尾謙介選手(TOYOTA所属)と中山顕選手(HONDA所属)が卒業しエース不在と言われていましたが・・

成長著しい選手もいて明るい話題もあります!

今回ご紹介するのは、中央大学の3年生で2019年の箱根駅伝【10区】を走った川崎新太郎(かわさきしんたろう)選手。

中央大学の選手の中でも抜群の安定感があり確実性の高いランナーである川崎新太郎選手、

2020年の箱根駅伝ではどの区間を走ることになるのでしょうか?

スポンサーリンク

川崎新太郎選手(中央大学)のプロフィール

名前 川崎新太郎(かわさきしんたろう)
生年月日 1998年10月8日生まれ
出生地 滋賀県
身長 178cm
体重 55kg
血液型 A
出身中学 城山中学校
出身高校 水口東高校
好きな女性有名人 KIZUNA AI
宝物 お布団
気分をあげているもの EDM
箱根が終わったらしたいこと

スポンサーリンク

川崎新太郎選手(中央大学)の出身中学高校は?

川崎新太郎選手は滋賀県の出身。

走るのが速いだけでなく、「とにかく速いものが好き」という一面も!

出身中学校は甲賀市立城山中学校、

出身高校は水口東高校です。

甲賀市立城山中学校から水口東高校まではたった650mほどしか離れていません。

川崎新太郎選手なら走って2分くらい?でしょうか?!

水口東高校は滋賀県甲賀市水口町古城が丘にある県立中高一貫校、

文部科学省より、SGHアソシエイト校(スーパー・グローバル・ハイスクール・アソシエイト校)に指定されている進学校であり、

2017年度には現役では初の東京大学合格者を輩出しています。

川崎新太郎選手(中央大学)の箱根駅伝の成績は?

川崎新太郎選手は2年生の時に箱根駅伝に初出場。

アンカー区間の10区を走り、区間6位と好走。

中央大学チームの順位を2つあげ、13位から11位としました。

しかし、惜しくもシード権には届かず・・

川崎新太郎選手にとっては悔しい結果だったかもしれませんね。

川崎新太郎選手(中央大学)の自己ベストは?

川崎新太郎選手(中央大学)の自己ベストは以下のとおりです。

  1. 10000m 29.08.56(19年)
  2. ハーフマラソン 1.05.31(18年)

川崎新太郎選手(中央大学)の出身中学高校は?箱根駅伝の成績や自己ベストも!まとめ

中央大学の3年生、川崎新太郎(かわさきしんたろう)選手は滋賀県の名門、水口東高校から中央大学に進学。

2019年の箱根駅伝では10区6位と好走し中央大学を13位から11位に順位をあげたほか、

5000mと10000mで自己記録を2度ずつ更新し安定感が光るランナーです。

2020年の箱根駅伝では、川崎新太郎選手は【7区】と復路を希望しています。

予想オーダーでは川崎新太郎選手が【9区】、同じく箱根駅伝の復路に出走経験のある3年生の矢野郁人選手が【10区】となっています。

当日の区間オーダー発表が楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です