小島慎也(中央学院大)の出身中学高校は?身長や自己ベストと駅伝の実績も!

令和初の箱根駅伝まであとわずかとなりましたね!

箱根駅伝常連校のひとつとなったのが、フラッシュイエローのド派手なユニフォームでおなじみの中央学院大学!

2020年の96回箱根駅伝で21回目の出場となる中央学院大。

過去最高順位は3位です。

2019年の箱根駅伝では総合10位で、5年連続のシード権を獲得しました。

2020年の箱根駅伝でも、是非上位で入賞して6年連続のシード権を確保してほしいですね。

そんな中央学院大には、今季話題のルーキーがいます。

その1人が、大阪出身の小島慎也(こじましんや)選手。

おじまじゃなくこじまだよ!

こでらん

中央学院大の即戦力候補とされている小島慎也選手、どんなルーキーなのでしょうか?

スポンサーリンク

小島慎也選手(中央学院大学)の出身中学高校は?

大阪府茨木市出身の小島慎也選手、中学校は地元茨木市立西中学校、高校は大阪市の私立大阪高校を卒業しています。

大阪高校では2年時から県高校駅伝に出走し、区間賞を獲得する走りでチームの総合優勝に貢献、全国高校駅伝でも4区を走り区間2位の好成績を納めました。

3年時でも県高校駅伝で区間3位、チームは総合4位で全国への出場はなりませんでしたが、都道府県対抗駅伝の大阪代表に選出され、1区を走り区間トップと13秒差の区間16位の走りを見せました。

また、トラックでは大阪府高校総体5000mで2位、近畿高校総体で5位に入り、インターハイにも出場しました。

圧巻だったのは12月、主に近畿の大学生が参加する京都産業大学競技会10000mで、2位と20秒もの差をつけ29分09秒34のタイムで1位!日本高校生歴代40位・大阪府高校生記録をマークします。

小島慎也選手(中央学院大学)の大学での成績は?

高校時代の全国での実績や、入部時で既に10000mの部内トップ5のタイムを持っている等、スーパールーキーとして期待を集め中央学院大に進んだ小島選手、
夏合宿を経てさらに進化を遂げ、9月の記録会で10000m28分42秒41と凄まじいタイムを残します!

そして出雲駅伝で早速の三大駅伝デビューを果たすと、スピード区間2区を走り順位を1つ上げる区間5位の走りを見せました。

小島慎也選手(中央学院大学)のベスト記録は?

小島慎也選手(中央学院大学)のベスト記録については、以下の通りです。
5000m:14分15秒95
10000m:28分42秒41
ハーフマラソン:1時間07分47秒

まとめ

大阪府茨木市出身の中央学院大学1年生小島慎也選手、高校時代からトラック・ロード共に素晴らしい力を見せ、今季の9月には10000mで28分台をマークし、持ちタイムで部内4位に入っています。

出雲駅伝でも好走を見せた小島選手、全日本大学駅伝はエントリーされましたが欠場し、チームもシード権を逃してしまいました。

新興チームながらその育成力で箱根駅伝シードの常連となった中央学院大学、有力選手の獲得でさらに上位を目指す強豪の雰囲気を纏ってきた近年を象徴するかのような小島慎也選手。

スピード・スタミナ・安定感と三拍子揃った、将来チームの中核を担っていくであろうゴールデンルーキーの箱根デビューに期待したいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です