【全国高校駅伝2019男子】小豆島中央のメンバー!注目選手の自己ベストは?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する香川県代表・小豆島中央高校は、

4年連続4回目の都大路出場!

2020年の箱根駅伝では小豆島中央高校出身の選手がメンバー入りしていることもあり、

小豆島中央高校の駅伝に注目している陸上ファンも多いかと思います。

香川県代表、小豆島中央高校の都大路メンバーや、3、自己ベスト記録などをご紹介していきます。

【全国高校駅伝2019男子】小豆島中央高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
大石朝陽
3
15分02秒56(2019/10)
青木貴也
1
14分59秒83(2019/10)
西森遼
2
14分52秒21(2019/10)
西森燎
2
15分05秒35(2019/10)
森本喜道
1
15分35秒49(2019/10)
行天陽虹
1
15分19秒39(2019/10)
林叶大
2
14分58秒50(2019/10)
村上冬和
2
15分24秒83(2019/10)
宮脇宏哉
2
15分25秒93(2019/9)
森田琉雅
2
15分49秒55(2019/9)

【全国高校駅伝2019男子】小豆島中央高校の注目選手は?

【全国高校駅伝2019男子】小豆島中央高校のメンバーは、

3年生が1人のみと、2年生1年生が中心のチームです。

5000mの記録が最も良いのは、2年生の西森遼選手、

唯一の3年生は、主将を務める大石朝陽選手です。

2020年の箱根駅伝の登録メンバーには小豆島中央高校出身が3人選出されています。

  • 帝京大学 増田空選手
  • 順天堂大学 真砂春希選手
  • 流通経済大学 竹上世那選手(関東学生連合)

OBが3人も箱根駅伝のメンバー入りをしていることは、小豆島中央高校の選手にとっても励みになっていると思います。

今後も小豆島中央高校OBの箱根ランナーが増えていきそうですね!

【全国高校駅伝2019男子】小豆島中央のメンバー!注目選手の自己ベストは?まとめ

全国高校駅伝競走大会に男子の県代表として出場する小豆島中央高校。

主将の大石朝陽選手(3年)は

「昨年の都大路では最下位と悔しい思いをしたので、今年はリベンジをスローガンに頑張ってきた。本番では地域の応援を力に変え、県記録を更新できるよう頑張りたい」

と決意を述べています。

2020年箱根駅伝ではOBの活躍にも期待ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です