須藤拓海(法政大)の出身中学高校や自己ベストは?2020箱根駅伝にエントリー!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝!

第96回箱根駅伝のチームエントリーが10日行われ、21チームの登録メンバー16人が発表されましたね!

戦国駅伝となった今季の大学駅伝、優勝するのはどの大学なのでしょうか?

箱根駅伝常連校のひとつといえば「オレンジ・エクスプレス」こと法政大学!

法政大学といえば、ファンにとってショックなのがエース佐藤敏也選手の箱根駅伝欠場・・

春のトラックシーズンでは学生長距離界のエース、東洋大学の相澤晃選手と同等の戦いを演じていた法大エースの佐藤敏也選手は体調不良のため、メンバー外に。

法政大学の坪田智夫監督は、「チームとしては痛いが、佐藤は将来のある選手なので、ここで無理をさせるわけにはいきません」と

来春の卒業後には実業団強豪のトヨタ自動車に進む予定の逸材を気遣って話しています。

エース佐藤敏也選手の欠場が発表された一方で、法政大学の箱根駅伝メンバー入りを果たした選手もいます。

今回は、法政大学の2020箱根駅伝登録メンバーに選ばれた、須藤拓海選手をご紹介します。

スポンサーリンク

須藤拓海選手(法政大学)のプロフィール

氏名 須藤拓海(すどうたくみ)

出身地 神奈川県秦野市出身

法政大学社会学部メディア社会学科 3年生

年齢 21歳

スポンサーリンク

須藤拓海選手(法政大学)の出身中学高校は?

須藤拓海選手(法政大学)は神奈川県秦野市出身。

出身中学校は、秦野市立西中学校。

出身高校は神奈川県立秦野高校です。

神奈川県立秦野高校は偏差値61の進学校、

なんと、須藤拓海選手は法政大学社会学部に「スポーツ推薦」ではなく一般入試で入学しているという秀才ランナーでもあるのです。

須藤拓海選手、学業成績も優秀なんですね・・

秦野高校在学中からかながわ駅伝などで活躍していた須藤拓海選手。

地元、秦野では脚の速さで有名なのではないでしょうか?

第73回市町村対抗かながわ駅伝競走大会が2月10日に行われた際には、

須藤選手は秦野市チームのアンカーを務め、6位という好成績を収めています。

スポンサーリンク

須藤拓海選手(法政大学)の自己ベスト記録は?

須藤拓海選手(法政大学)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 10000m 29.49.40 (19年)
  2. ハーフマラソン 1.06.14(19年)

スポンサーリンク

須藤拓海選手(法政大学)の出身中学高校や自己ベストは?2020箱根駅伝にエントリー!まとめ

96回箱根駅伝、法政大学の登録メンバーに選ばれた法政大学3年生の須藤拓海選手。

箱根駅伝のコースでもある湘南は、須藤拓海選手の地元、秦野からも近いのではじめての箱根駅伝出場となれば地元秦野も盛り上がると思います!

2020年、80回目の箱根駅伝出場となる古豪法政大学、選手層の部分でやや不安がみられるという声もありますが・・

上級生を中心にシード権を死守し、1つでも上の順位を目指してほしいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です