藤本珠輝(日体大)の出身小中学校や高校は?自己ベストや実績!闘病中の病気とは?

令和初の箱根駅伝まであとわずかとなりましたね!

箱根駅伝の常連校といえば、

箱根駅伝参加の大学中初出場から一度も途切れされずに連続出場最多72回の記録を誇る古豪日本体育大学(日体大)の存在は書かせませんね!

2018年の箱根駅伝では4位だった日体大でしたが、昨季は我慢の1年となりました。

今季の日体大は、駅伝などの経験が豊富な4年生で、すでに大学卒業後は実業団に進むことが決まっている山口和也選手や仲川翔大選手が好調ということですが、

下級生も勢いがあります!

特に注目したいのは今季日本体育大学に入学したルーキーの、藤本珠輝(たまき)選手。

藤本珠輝(たまき)選手は今季の日体大ルーキーの中でも頭一つ抜けている存在。

関東インカレや全日本大学駅伝の選考会にも1年生の中でただひとり出場。

兵庫県の西脇工業高校で主将を務めていた選手です。

「ハチマキ」がトレードマークの藤本珠輝(たまき)選手ですが、実はいつもハチマキをしているのは病気のためつけているウィッグを固定するという意味もあるそうです。

日体大の期待のルーキー、藤本珠輝(たまき)選手とはどんな選手なのでしょうか?

藤本珠輝選手(日体大)のプロフィール

名前 藤本珠輝(ふじもとたまき)
生年月日 2001年1月14日
出生地 兵庫県
身長 165cm
体重 54kg
血液型 A
出身中学 陵南中学校
出身高校 西脇工業高校
好きな女性有名人 斉藤朱夏
好きな食べ物 赤飯
自覚している性格 マイペース
宝物 ウィッグ

スポンサーリンク

藤本珠輝選手(日体大)の出身小中学校や高校は?

藤本珠輝選手(日体大)の出身小中学校や高校は以下の通りです。

  • 加古川市立野口北小学校
  • 加古川市立陵南中学校
  • 西脇工業高校

藤本珠輝選手の出身地は「棋士のまち」兵庫県加古川市。

加古川市立陵南中学校で陸上をはじめ、当時から箱根駅伝にあこがれていたそうです。

加古川市立陵南中学校を卒業後は、県内屈指の強豪、全国的に有名な西脇工業高校に進学し寮生活を送り

主将を務め3年時には全国高校駅伝の花の1区を走りました。

藤本珠輝選手(日体大)の自己ベスト記録は?

藤本珠輝選手(日体大)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  • 5000m 14分07秒91
  • 10000m 30分14秒18

5000mが14分07秒91という自己ベスト記録を持つ藤本珠輝選手。

日体大の5000mチーム内ランキングでも5位というスピードランナーです。

今後もまだまだ記録を伸ばしていきそうですね!

藤本珠輝選手(日体大)が闘っている病気とは?

藤本珠輝選手は、小学校5年生の時に全身の毛が抜ける全身脱毛症という病気を発症。

明確な原因はわかっていないようです。

ウィッグ(かつら)を着けて競技に臨んでいる藤本選手。

藤本選手のトレードマークのはちまきには、ウィッグを固定するという意味もあるそうです。

かつては病気のことを隠していた時期もあったという藤本選手ですが、

「僕が走り続けることで、このような病気で悩んでる人がいるということを、より多くの人に知ってもらいたいです」

と語り競技に臨んでいます。

藤本珠輝選手(日体大)の出身小中学校や高校は?自己ベストや実績!闘病中の病気とは?まとめ

日体大の期待のルーキー、兵庫県の西脇工業高校元主将の藤本珠輝選手。

関東インカレや全日本大学駅伝の選考会にも1年生の中でただひとり出場しているなど1年目から華々しく活躍。

「ハチマキ」がトレードマークの藤本選手。

実は、小学校5年生で発症した全身脱毛症という病気を抱え、ウィッグ(かつら)を着けて競技に臨んでいるそうです。

今季の日体大ルーキーの中でも頭一つ抜けている存在ということで、今後の活躍が本当に楽しみな選手ですね。

1年生から箱根駅伝メンバー入りの可能性も十分にありそうです。

これからの日体大を背負っていく選手になりそうですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です