髙橋達彦(拓殖大)の出身中学高校は?駅伝の成績と今季実績や自己ベストも!

令和初の箱根駅伝まであとわずかとなりましたね!

戦国駅伝となった箱根駅伝、

令和初の箱根を制するのはどのチームなんでしょうか?

昨季は2年連続箱根駅伝シード獲得

今季は三大駅伝にフル出場した拓殖大学。

今季の拓殖大学は、拓大史上最強!と言われていた世代が卒業してしまい・・選手層がやや薄くなったとは言われているものの・・

デレセ選手、馬場選手、戸部選手が卒業してしまいましたよね。筆者は特に馬場選手の走りが好きでした。

こでらん

主将の赤﨑暁選手や、留学生のレメティキ選手らが絶好調で、上位校に挑んでいく底力がありそうなチームです。

今回は、拓殖大学の主力選手のひとり、髙橋達彦選手をご紹介します。

髙橋達彦選手(拓殖大学)のプロフィール

名前 髙橋達彦(たかはしたつひこ)
生年月日 1999年7月9日生まれ
出生地 群馬県
身長 164cm
体重 59kg
血液型 O
出身中学 みどり市立笠懸中学校
出身高校 健大高崎高校
好きな女性有名人 小松菜奈
宝物 自転車
気分をあげているもの 音楽
箱根が終わったらしたいこと 24時間寝る

スポンサーリンク

髙橋達彦選手(拓殖大学)の出身中学高校は?

髙橋達彦選手(拓殖大学)の出身中学高校は以下の通りです。

  • みどり市立笠懸中学校
  • 高崎健康福祉大学高崎高校

髙橋達彦選手は群馬県出身。

中学校はみどり市、高校は高崎市にある健大高崎を卒業しています。

髙橋達彦選手(拓殖大学)の自己ベスト記録は?

髙橋達彦選手(拓殖大学)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 5000m 14分39秒96
  2. 10000m 29.50.22(19年)
  3. ハーフマラソン 1.04.49(19年)

1年生の時にはレースに出ていなかった>髙橋達彦選手。

今季は自己記録を大きく伸ばし出雲と全日本大学駅伝に出場しました。

上尾ハーフマラソンでは1時間04分台と好走しています。

髙橋達彦選手が箱根で1番力を出せる区間は【6区】なのだそう!

区間予想オーダーでも髙橋達彦選手は【6区】となっています。

拓殖大学の6区は、2019年までは2年連続今春卒業した硴野魁星選手が務めていました。

髙橋達彦選手(拓殖大学)の大学三大駅伝の成績は?

髙橋達彦選手(拓殖大学)の大学三大駅伝の成績は以下の通りです。

  • 2019年出雲駅伝 2区20位
  • 2019年全日本大学駅伝 6区18位

髙橋達彦選手(拓殖大学)の出身中学高校は?駅伝の成績と今季実績や自己ベストも!まとめ

名称、岡田正裕監督の後をうけ、岡田監督の亜細亜大学時代の教え子であり、

亜細亜大学箱根駅伝初優勝の立役者、山下拓郎コーチが今季から監督に昇格した拓大。

かつて「岡田マジック」を呼ばれ、無名の選手が強豪校の選手と渡り合っていた流れをくむ拓大、

今季は出雲駅伝9位、全日本大学駅伝16位と苦戦が続き3年連続シードに踏みとどまることができるでしょうか?

箱根駅伝本戦が楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です