名村樹哉(日体大)の出身中学高校は?身長と自己ベストや実績も紹介!

令和初の箱根駅伝まであとわずかとなりましたね!

箱根駅伝の常連校といえば、

箱根駅伝参加の大学中初出場から一度も途切れされずに連続出場最多72回の記録を誇る古豪日本体育大学(日体大)の存在は書かせませんね!

2018年の箱根駅伝では4位だった日体大でしたが、昨季は我慢の1年となりました。

今季の日体大は、駅伝などの経験が豊富な4年生で、すでに大学卒業後は実業団に進むことが決まっている山口和也選手や仲川翔大選手が好調ということですが、

下級生も勢いがあります!

特に注目したいのは今季日本体育大学に入学したルーキーたち!

今季の日体大ルーキーは、5000mのタイムが14分30〜40秒台が多く、伸びしろを感じさせる選手が多いのが特徴。

高校時代にインターハイに出場している選手も多く今後が楽しみな選手ばかりです。

今回は、そんな日本体育大学のルーキー、三重県の四日市工業高校出身の、名村樹哉(なむらたつや)選手をご紹介していきます。

スポンサーリンク

名村樹哉選手(日本体育大学)の出プロフィール

名前 名村樹哉(なむらたつや)
生年月日 2000年4月23日生まれ
出生地 三重県生まれ
身長 170cm
体重 55.8kg
血液型 A
出身中学 四日市南中学校
出身高校 四日市工業高校
ふるさと自慢 ナガシマスパーランド
趣味 ゲームとアニメ鑑賞
ライバル・目標の選手 同期の1年全員
卒業までの目標 チームのエースになる

スポンサーリンク

名村樹哉選手(日本体育大学)の出身中学高校は?

名村樹哉選手は三重県の四日市市出身。

お名前は「名村樹哉」とかいて【なむら・たつや】です!

にいな〜

みきや、ではない!

出身中学校は、四日市市立南中学校。

出身高校は四日市工業高校と、ずっと四日市市内の中学、高校に通っていました。

四日市市立南中学校から四日市工業高校までは約2kmほどしか離れていないので、

5000m14分30秒を切っている名村樹哉選手が走れば・・7〜8分くらいでしょうか?

四日市工業高校のOBといえば、有名なのはDeNAランニングクラブ総監督で駅伝の解説でもおなじみの瀬古利彦さんですよね!

四日市工業高校も陸上の強豪校ですが、

近年箱根駅伝に出場する三重県のランナーは伊賀白鳳高校出身、ということが多いですよね。

MGGで優勝した中村匠吾選手も三重県四日市市出身ですが、上野工業高校(現・伊賀白鳳高校)の出身です。

名村樹哉選手(日本体育大学)の自己ベスト記録は?

名村樹哉選手(日本体育大学)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 5000m 14分26秒21(18年)
  2. 30.26.96(19年)
  3. 1.04.53(19年)

高校駅伝の県大会では2年連続で【1区2位】と好走している名村樹哉選手。

日体大入学後も自己ベスト更新など順調に経験を積んでいるようです。

名村樹哉選手(日本体育大学)の出身中学高校は?身長と自己ベストや実績も紹介!まとめ

日本体育大学のルーキー、名村樹哉選手は三重県四日市出身。

四日市はMGGで優勝した中村匠吾選手の出身地でもあり、

四日市工業高校の先輩にはあの瀬古利彦さんも!

今後の活躍が楽しみな選手ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です