【全国高校駅伝2019男子】徳島科学技術のメンバー!注目選手の進路や自己ベストは?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する徳島県代表、徳島科学技術高校は4年ぶり24回目の都大路出場!

都大路ではすべての力を出し切り、2時間7分台を目指すという、徳島科学技術高校チーム、

徳島科学技術高校メンバーの自己ベスト記録、注目選手や3年生の進路などについてをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】徳島科学技術高校のメンバー

 

選手 学年 5000m記録
河野涼太
3
14分40秒57(2019/9)
奥田龍星
1
15分12秒86(2019/11)
盛友士
3
14分39秒75(2019/11)
生田琉海
3
14分29秒53(2019/11)
杉本琉起
3
15分03秒72(2019/11)
吉成啓介
3
15分16秒93(2019/7)
岩佐祐誠
3
14分48秒66(2019/11)
西尾駿汰
3
15分43秒60(2019/11)
中井祐介
3
15分39秒19(2019/11)
宇都宮幸輝
2
15分26秒29(2019/11)

【全国高校駅伝2019男子】徳島科学技術高校の注目選手は?

【全国高校駅伝2019男子】徳島科学技術高校の注目選手は、3年生の生田琉海(いくたるか)選手、

生田琉海(いくたるか)選手は、阿南市阿南第二中学校在学中の2014年11月2日に

1500mで4分11秒18をマーク、

この記録は、男子・中学1年歴代5傑に入る記録です!

歴史にすでに名前を刻んでいるランナーなんですね・・!

そんな生田琉海(いくたるか)選手は【東京国際大学】に進学し競技を継続予定です。

徳島科学技術高校の3年生、河野涼太選手は持久力があってロード走に強いのが特長のランナー、

河野涼太選手は【國學院大学】に進学し競技を継続予定です。

【全国高校駅伝2019男子】徳島科学技術のメンバー!注目選手の進路や自己ベストは?まとめ

全国高校駅伝競走大会徳島県予選で、男子は徳島科技が2時間11分29秒で4年ぶり21回目の優勝を決めました。

盛友士主将(3年)は「今年は3年生を中心に選手層が厚い」と自信をみせています。

無駄のないフォームで安定した走りができる盛主将や、ロード走に強い河野涼太選手スピードが持ち味の生田琉海選手がチームをけん引、

梅本浩志監督は「都大路に行けず悔しい思いをした先輩たちの気持ちを背負い、スタートラインに立ってほしい」と思いを託しています。

徳島科学技術高校3年生の注目選手、

河野涼太選手は【国士舘大学】

生田琉海選手は【東京国際大学】と大学駅伝の強豪校に進学して競技を継続予定です。

徳島科学技術高校出身の選手では、帝京大学のエース、岩佐壱誠選手(実業団の大塚製薬で競技継続)が箱根駅伝のメンバーに選ばれていますので

河野涼太選手、生田琉海選手の大学での活躍にも期待が高まりますね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です