徳勝龍が初優勝時に聴いたレゲエの歌手や曲名は何?伊藤監督(近大相撲部)への想いが歌詞に!

2020年1月に両国国技館で行われ大相撲初場所千秋楽、

13勝1敗で単独トップに立っていた徳勝龍は、結びの一番で貴景勝を寄り切りで下して初優勝しましたね!

2000年春場所の貴闘力以来、20年ぶり2度目となる幕尻での賜杯となりました。

そんな徳勝龍関ですが、

場所中の1月18日、恩師の近大相撲部・伊東勝人監督が55歳の若さで急死してしまいます。

「監督が見ていてくれたのではなくて、一緒に土俵で戦ってくれた気がします」と涙をぬぐった徳勝龍関、

千秋楽の一番の前には、レゲエを聴いていたということで、

大相撲で優勝した力士が直前までレゲエを聴いてたの?!とちょっと意外な感じがしましたが、、

徳勝龍関が初優勝時に聴いていた曲の歌詞がとってもすばらしく、

亡き恩師と「一緒に土俵で戦った」という言葉通りの曲でした。

徳勝龍が初優勝時に急死した恩師、近大相撲部の伊藤監督を想って聴いていたた曲(レゲエ)の歌手や曲名!

気になったので調べてみましたよ〜!

スポンサーリンク

徳勝龍が初優勝時に聴いたレゲエの歌手や曲名は何?

2月9日放送のフジテレビ 『ジャンクSPORTS』 では、2020年の注目力士が大集合『大相撲スペシャル』が放送されました。

20年ぶりに幕尻(※幕内で最も下位の番付)の力士・徳勝龍が優勝し、大盛り上がりをみせた先月の大相撲初場所。

今回、番組の収録は、その千秋楽からわずか数日後、初場所の興奮冷めやらぬうちに行われたということです。

初場所を制覇した徳勝龍関が、千秋楽での優勝争いの舞台裏を明かし、千秋楽で仕切りながら頭に流れていた曲を紹介してくれました。

初優勝した徳勝龍関が聴いていた曲は、なんとレゲエです!

大阪とジャマイカを往復しながら20年間マイクを握り続けてきたPETER MAN(ペータマン)さんという方の「涙は隠して」

という曲でした!

2019年12月15日に配信となったペータマンさんの新曲です。

新曲をチェックしているということは、徳勝龍関はかなり前からPETER MAN(ペータマン)さんのファンだったかもしれませんね!

はじめて聴きましたが泣ける曲です・・

こでらん

優勝を決めた瞬間、土俵上で感極まった徳勝龍関。

優勝力士インタビューでは「自分なんかが優勝していいんでしょうか」と謙虚に話しましたが・・

割れんばかりの拍手と歓声に「喜んでもらえてよかったです」と笑顔がこぼれ

関西人(奈良県出身、近畿大学相撲部OB)というだけあって、ちょっとウケを狙った受け答えなどおちゃめな一面も見えましたよね!

スポンサーリンク

徳勝龍関が初優勝時に聴いていたのは、PETER MANの「涙は隠して」伊藤監督(近大相撲部)への想いが歌詞に!

徳勝龍関が初優勝時に聴いていたのは、PETER MANの「涙は隠して」という曲です。

とっても切ない曲で

歌詞にある

「またひとりになっちまった」

「あなたに会いたくて〜」

は、まさに徳勝龍関の恩師であり、急死して帰らぬ人となってしまった伊藤監督(近大相撲部)への想いと通じるものがあるといえますね。

PETER MANさんご本人も徳勝龍関が聴いていたことを知ってTwitterにコメントを発表しています。

ちなみに・・・徳勝龍関と優勝争いをしていた正代関が千秋楽の前に聴いていたのは

玉置浩二さんの「田園」という曲でした。

スポンサーリンク

徳勝龍が初優勝時に聴いたレゲエの歌手や曲名は何?伊藤監督(近大相撲部)への想いが歌詞に!まとめ

2月9日放送のフジテレビ 『ジャンクSPORTS』 では、2020年の注目力士が大集合『大相撲スペシャル』が放送されました。

20年ぶりに幕尻(※幕内で最も下位の番付)の力士・徳勝龍が優勝し、大盛り上がりをみせた先月の大相撲初場所。

初場所を制覇した徳勝龍が、千秋楽での優勝争いの舞台裏を明かし、

千秋楽で仕切りながら頭に流れていた曲を紹介してくれました。

初優勝した徳勝龍関が聴いていた曲は、なんとレゲエです!

PETER MAN(ペータマン)さんという方の「涙は隠して」という曲でした・・。

とってもすてきな曲ですね〜

力士がレゲエ!というのがかなり意外でしたが・・!

徳勝龍関が紹介していたことで、PETER MAN(ペータマン)さんのファンが一気に増えそうです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です