千守倫央(中央大)の出身中学高校は?身長体重や駅伝の成績と自己ベストも!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝!

箱根駅伝予選会を10位で通過したのは日本一の箱根駅伝出場回数を誇る中央大学でしたね!

1月の箱根駅伝で11位となり、中大はあと一歩でシード権を逃しました。

箱根駅伝予選会では実力を出しきれず苦戦した中央大学ですが、今季は強力なルーキーが入力するなど明るい話題も!

なかでも高校駅伝で3年連続1区の千守倫央(ちもりともひろ)選手は、スピードと強さを兼ね備えたランナー。

愛媛県出身の中央大学のルーキーのひとり、千守倫央選手についてご紹介します!

スポンサーリンク

千守倫央選手(中央大学)のプロフィール

名前 千守倫央(ちもりともひろ)
生年月日 2000年12月27日
出生地 愛媛県生まれ
身長 173cm
体重 57kg
血液型 A
出身中学 勝山中学校
出身高校 松山商業高校
ふるさと自慢 みかんがおいしい
趣味 音楽を聴く
ライバル・目標の選手 助川拓海
卒業までの目標 卒業

スポンサーリンク

千守倫央選手(中央大学)の出身中学高校や経歴は?

千守倫央選手(中央大学)は、愛媛県松山市出身。

【千守倫央】というお名前の読み方は【ちもり・ともひろ】です。

にいな〜

はじめ読んだ時「ともお」か「みちお」くんかな?と思ってしまいました・・みちひろ、と読むんですね!

千守倫央選手の出身中学高校は以下の通りです。

  • 松山市立勝山中学校
  • 松山商業高校

千守倫央選手小学校3年生から中学校3年生までは陸上ではなく野球をやっていたそうです。

実は、千守倫央選手と日体大2年生の大内宏樹選手は中学、高校の先輩後輩という間柄。

日体大2年生の大内宏樹選手、

2019年の箱根駅伝では1年生ながら箱根駅伝のエントリーメンバーに選出されいましたが当日出走はありませんでした。

2年生となった大内宏樹選手は、2019年の全日本大学駅伝で6区を走っています。

大学三大駅伝を走っている先輩の姿は、、千守倫央選手にとっても刺激になったと思います。

神奈川大学の小笠原峰士選手は松山商業高校の先輩ですね。

千守倫央選手(中央大学)の自己ベスト記録と駅伝の実績!

千守倫央選手(中央大学)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 5000m 14分31秒02
  2. 10000m 29.18.56(19年)
  3. ハーフマラソン 1.05.32(19年)

千守倫央選手(中央大学)は松山商業高校時代に3年連続で1区を走っている実力の持ち主です。

  1. 3年 18位
  2. 2年 35位
  3. 1年 44位

1年生のときから年々順位をあげ、3年生の時には区間18位で走っていますね!

千守倫央選手は高校時代には1500mや5000mでも活躍しています。

千守倫央(中央大)の出身中学高校は?身長体重や駅伝の成績と自己ベストも!まとめ

愛媛県松山市出身の中央大学のルーキー、千守倫央選手。

駅伝の実績があり、順調に成長すればいずれ中央大学チームの中心的世代になりそうな今季1年生のひとりです。

今後の活躍にも注目していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です