【全国高校駅伝2019男子】鳥栖工業のメンバー!注目選手(3年生)の進路や自己ベストは?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する佐賀県代表・鳥栖工業高校は、10年連続44回目の都大路出場、

名門、鳥栖工業高校の3年生の主力選手の多くが関東の大学に進学し競技を継続予定、

3年生のなかには地元九州の実業団に進む選手もいます。

昨年以上の成績を目標に都大路に挑む鳥栖工業高校のメンバー、3年生の進路や自己ベスト記録などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】鳥栖工業高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
杉彩文海
3
14分13秒89(19/6/14)
佐々木亮輔
3
14分23秒64(19/9/28)
園田勢
2
14分30秒86(19/10/12)
奥田祥弥
3
14分32秒36(19/9/28)
野下稜平
3
14分36秒69(19/6/23)
中島阿廉
3
14分27秒19(19/6/23)
三原伶王
3
14分33秒94(18/6/23)
末次海斗
3
14分34秒38(19/9/28)
西野湧人
3
14分40秒28(19/9/28)
間瀬田純平
1
14分57秒34(19/10/19)

【全国高校駅伝2019男子】鳥栖工業高校3年生の進路は?

鳥栖工業高校の3年生は6人が関東の大学に進学し競技を継続、

2人が地元九州の実業団で競技を継続します。

5000mの自己ベストが【14分13秒89】とチームトップのスピードランナー、杉彩文海(さふみ)選手は福岡県うきは市の出身。

出身中学校は、うきは市立吉井中学校です。

杉彩文海(さふみ)選手は2020年春に【明治大学】に進学します。

選手 競技継続 進路
杉彩文海
   有
明治大学
佐々木亮輔
神奈川大学
奥田祥弥
東京農業大学
野下稜平
専修大学
中島阿廉
黒崎播磨
三原伶王
法政大学
末次海斗
帝京大学
西野湧人
戸上電機製作所

【全国高校駅伝2019男子】鳥栖工業のメンバー!注目選手(3年生)の進路や自己ベストは?まとめ

10年連続44回目の都大路出場の鳥栖工業高校。

佐賀県予選では全区間で区間賞をとる快走を見せ、他校を寄せ付けない走りで優勝しています。

昨年の都大路でアンカーを任されたエースの1区・杉彩文海(さふみ)選手は

「絶対に都大路へ行き、10位で入賞を逃した悔しさを晴らす」とスタートから抜け出して独走しました。

鳥栖工業高校のエース杉彩文海(さふみ)選手は明治大学、

ほかに5人の3年生が関東の強豪に進む鳥栖工業高校。

3年生の多くが関東の大学、実業団で競技を継続するので今後の活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です