【箱根駅伝2020】東洋大学は何位?注目選手と順位や区間オーダーを予想!

皆さん、9月15日に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)、ご覧になられたでしょうか?

この大会の結果、来年の東京オリンピックのマラソン選手・男女2名ずつが内定となりましたね。

そのうち出身大学別に見てみますと、男子のファイナリストが5名と、最多輩出したが、この東洋大学です。

服部勇馬選手(トヨタ自動車所属)が2位だったほか、レースを果敢に引っ張った設楽悠太選手(HONDA所属)の走りも話題になりましたね。

先輩たちの華々しい活躍を観て、おそらく在校生の選手たちも士気が高まっているのではないでしょうか?

それでは今回は、鉄紺の襷・東洋大学をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020順位予想!東洋大学は何位?

腕にスローガンの「その1秒をけずりだせ」とマジック書きも印象深い東洋大学、今年5強の一角と言われています。

2年連続で往路優勝をしていますが、なかなか総合優勝までたどり着けず、もどかしい数年が続いていますね。

それでもおそらく次回も、酒井監督は先行逃げ切り型のオーダーで優勝を狙ってくると思われます。

まずは主将でもある相澤晃選手(4年)。

彼は7月に学生のオリンピックであるユニバーシアードに出場し、見事ハーフマラソンで金メダルを獲得した実力者です。

それから西山和弥選手・吉川洋次選手・田中龍誠選手など。

この準エースの3年生たちのピーキングがうまくいくかどうか、ここが鍵になってきそうですね。

元々ピーキングの上手さでは定評のあるチームなので、この点は他校も警戒していると思われます。

また10000Mで29分台の記録を持つ前田義弘選手や、5000Mを14分32秒台の記録を持つ児玉悠輔選手など、酒井監督はルーキーの起用にも長けているので、このあたり酒井マジックにも期待したいですね。

往路は絶対に優勝を狙ってくると思うのですが、復路は未知数です・・

5000m13分台の渡邉奏太選手も復帰しましたし、優勝争いに絡んでくる可能性も大いにありそうです。

個人的には・・2020年こそ総合優勝をしてほしいチームです・・

スポンサーリンク

箱根駅伝2020東洋大学の区間オーダーを予想してみた!

1区 西山 和弥
2区 相澤 晃/渡邊 奏太
3区 吉川 洋次/大澤 駿
4区 相澤 晃/吉川 洋次/前田 義弘
5区 田中 龍誠
6区 今西 駿介
7区 定方 駿/宮下 隼人
8区 渡邉 奏太/前田 義弘/大澤 駿
9区 宮下 隼人/定方 駿/
10区 大澤 駿/宮下 隼人/定方 駿

勝ちパターンを大事にする酒井監督のことですから、きっと往路は昨年のオーダーをベースにするのではないでしょうか?

そう考えると、1区の西山選手はほぼ確定だと予想されます。

そして肝心の相澤選手ですが、彼は他チームから必ずマークされますので、控えに温存しておいて本戦当日まで決めない、という作戦だと思われます。

また復路は、一人旅になっても安定した走りがキープできる、そんなベテラン4年生が中心のエントリーではないかなと思います。

さて皆さんなら、どんな区間エントリーを考えますか?

スポンサーリンク

東洋大学の酒井俊幸監督のプロフィールは?イケメン監督と評判!

酒井監督は1976年5月23日生まれ。

福島県のご出身で、学法石川高を卒業後、東洋大・経済学部へ入学し、ここで自らも駅伝選手としての4年間を過ごしました。

箱根駅伝には3回出場し、3区・区間11位、7区・区間12位、1区・区間13位という成績を残しました。

1999年に卒業後はコニカ(現・コニカミノルタ)に入社、そして引退後は教諭として学法石川高に赴任。

そして2009年に東洋大の陸上競技部・長距離部門監督に就任、現在にいたります。

MGCに箱根ランナーから4人もの教え子を送り出し、2位の服部選手は校友会のインタビューで「酒井監督が箱根の次はマラソンだと言い続けてくれたおかげでこの舞台に立てた」と話し感謝していました。

選手との熱い信頼関係が伝わってきますね。

ところで好きな食べ物は「奥さんの作った煮物」だそう☆

こちらは東洋大OBによるYouTube「TKD PROJECT」のインタビューの中で、少し照れながらお話ししてくださっています。

また表彰式では涙もろい一面も見せてくれたりと、女性ファンのみならず、多くの箱根ファンから人気の高い監督さんです。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の東洋大学の区間オーダーと結果!往路優勝で総合3位!

【東洋大学】総合3位<往路優勝 復路5位>

1区  西山 和弥(2年) 区間1位
2区  山本 修二(4年) 区間4位
3区  吉川 洋次(2年) 区間4位
4区  相澤 晃(3年)  区間1位
5区  田中 龍誠(2年) 区間8位
6区  今西 駿介(3年) 区間3位
7区  小笹 椋(4年)  区間3位
8区  鈴木 宗孝(1年) 区間3位
9区  中村 拳梧(4年) 区間19位
10区 大澤 駿(2年)  区間10位

1区の西山選手は2年連続の区間賞、流れをうまく作りました。
昨年は偶然の1位、今年は狙っての1位だったそうですよ。

さらに4区の相澤選手が好走し、東洋大学の2年連続・往路優勝を決定づけました。

一方で復路は主将・小笹選手の不調もあり、8区でトップを東海大学に奪われ、5位に沈みました。

ただし総合順位は3位で、これで11年連続・総合3位以内という成績は守りきりました。

スポンサーリンク

2020年箱根駅伝東洋大学チームの特長は?

今年の東洋大学は、主軸の相澤晃選手の他にも上り調子の4年生が多いようです。

特に全日本大学駅伝では、今西駿介選手が4区・区間2位、さらに定方駿選手も7区・区間2位を記録するなど、頼もしい走りを見せてくれました。

このため、次の箱根駅伝でも3年~4年生を中心としたオーソドックスな布陣になりそうです。

ここ数年にわたって、下級生を大胆に起用したオーダーが続いていたので、かえって新鮮に映る気もしますよね。

スポンサーリンク

【箱根駅伝】東洋大学の過去出場歴と順位は?

東洋大学の陸上競技部は1927年(昭和2年)に創部、箱根駅伝は1933年(昭和8年)の第14回に初出場しました。

それから77年後の第85回大会で、出場67回目にして初優勝を飾りました。

その時の立役者は、あの柏原竜二選手、当時まだ1年生でしたね。
5区で怒涛の追い上げで8人を抜き、山の神2代目と呼ばれました。

現在、同校は18年連続出場中で、第96回大会は78回目の出場となります。

総合優勝は4回(往路優勝7回、復路優勝3回)、また11年連続で総合3位をキープし続けるという強豪校です。

スポンサーリンク

東洋大学の出雲駅伝2019の結果

【東洋大学】総合3位

1区  西山 和弥(3年) 区間10位
2区  大澤 駿(3年)  区間2位
3区  相澤 晃(4年)  区間1位
4区 宮下 隼人(2年) 区間4位
5区  今西 駿介(4年) 区間2位
6区  定方 駿(4年)  区間3位

1区の西山選手が故障明けということで、本来のスピード感が見られないまま10位でスタート。

しかし他のメンバーたちが追い上げ、特に5区の今西駿介選手は青山学院大学の竹石選手を振り切り、一時は2位まで順位を押し上げました。

そして6区の定方選手も力走しましたが、最後は3位でゴール。

箱根に向けて明るい材料が見えた一方で、課題も残る結果となりました。

スポンサーリンク

東洋大学の全日本大学駅伝2019の結果

【東洋大学】総合5位

1区  渡邉 奏太(4年) 区間6位
2区  大澤 駿(3年)  区間12位
3区  相澤 晃(4年)  区間1位
4区 今西 駿介(4年) 区間2位
5区  西山 和弥(3年) 区間11位
6区  前田 義弘(1年) 区間9位
7区 定方 駿(4年) 区間2位
8区  宮下 隼人(2年) 区間8位

このレースは3年生以下が苦しい展開の中で、4年生たちが奮闘した姿が印象的でした。

特に相澤選手は3区を33分01秒という区間新記録で駆け抜け、TV中継でも「異次元の走りだ」と驚かれていましたね。

結果は総合5位でしたが、箱根本戦に向けてV字回復できるのが東洋大の強み。

チーム全員で最後まできっちり調整してくるのではないかと思われます。

スポンサーリンク

【箱根駅伝2020】東洋大学は何位?注目選手と順位や区間オーダーを予想!まとめ

・主将の相澤晃選手(4年)は7月にユニバーシアードのハーフマラソンで金メダルを獲得した実力者、彼を主軸に先行逃げ切り型のオーダーで優勝を狙ってくるはず

・今年は今西駿介選手、定方駿選手、渡邊奏太選手など、4年生の仕上がりが良い

・優勝は3年生以下の準エースたち(西山和弥選手・吉川洋次選手・田中龍誠選手など)のピーキングが鍵を握りそうだ

・酒井俊幸監督は11年連続でチームを総合3位以内に導いてきた名監督、その手腕と甘いマスクで、多くの箱根ファンを魅了している

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です