【全国高校駅伝2019男子】東洋大牛久のメンバー!注目選手の進路や出身中学と実績は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

茨城県の代表校は、スローガン「その1秒を削り出せ!」の東洋大牛久高校、

東洋大牛久、都大路へは初出場となります。

都大路に東洋の風を吹かせるため、その1秒を削り出す思いで走ります。と意気込みを語っている東洋大牛久高校

東洋大牛久高校のメンバー、注目選手の進路や経歴、実績などをご紹介していきます。

【全国高校駅伝2019男子】東洋大牛久高校のメンバー

選手 学年 5000m記録
佐藤真優
3
14分11秒22(19/9/28)
岩田伊織
3
15分02秒29(19/10/6)
三瓶優成
3
15分11秒88(18/12/2)
相澤駿輝
2
15分13秒93(19/6/23)
伊藤圭音
2
14分51秒50(19/9/28)
藤田大翔
1
15分57秒17(19/9/28)
大森由翔
1
14分51秒92(19/11/17)
清水良平
1
渋谷大喜
1
寺門大毅
1

【全国高校駅伝2019男子】東洋大牛久高校注目選手は?

【全国高校駅伝2019男子】東洋大牛久高校注目選手は、5000mのタイムが14分11秒22の佐藤真優(さとうまひろ)選手。

後少しで14分台1桁・・!

佐藤真優(さとうまひろ)選手はチーム内でトップの5000m記録を持つ3年生です。

佐藤真優選手は東洋大牛久高校の主将を務めています。

佐藤真優選手の出身中学校は、我孫子市立我孫子中学校。

2017年都道府県駅伝では6区6位と好走しています。

茨城県の駅伝の名門、水城高校に勝ち、都大路初出場を果たした東洋大牛久高校。

茨城県予選では最長区間の1区、10キロを任された佐藤真優主将。

4キロ過ぎで集団から抜け出しトップを独走ラスト3キロで加速しました。

昨年、チームは24秒差の2位だったため、去年のリベンジを果たせましたね!

東洋大牛久高校3年生の佐藤真優選手の進路については不明ですが・・

東洋大学の付属高校であるということで、東洋大学に進学する可能性もありそうですね。

東洋大牛久高校からは2019年春、東洋大学に前田義弘選手が進学しています。

東洋大学1年生の前田義弘選手は、1年生として唯一全日本大学駅伝に出場、

箱根駅伝の登録メンバー16人にも選出されています。

東洋大牛久高校の主将でエースの佐藤真優選手の進路が気になるところですが・・

東洋大ファンは東洋大への進学を熱望しているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】東洋大牛久のメンバー!注目選手の進路や出身中学と実績は?まとめ

2019年10月31日(木)に行われた男子第70回県高校駅伝競走大会において、東洋大牛久高校駅伝部が初優勝を果たしました!

昨年度敗れた悔しさを胸に挑んだ東洋大牛久高校、

注目は1区の佐藤真優選手(3年・主将)です。

各校のエースがそろう中、中盤以降に単独走しチーム全体に勢いを与え、主将として大きく貢献。

東洋大牛久高校駅伝部は、12月22日に京都市で開かれる全国高校駅伝大会に茨城県代表として出場します。

初出場ということで目標は20位以内としている東洋大牛久高校、

都大路での快走に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です