【全国高校駅伝2019男子】智弁和歌山のメンバー!注目選手の進路や出身中学は?

2019年も残すところあとわずか!

陸上、駅伝ファンにとって師走といえばやっぱり都大路ですよね!

男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)が、

12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催されます。

男子第70回全国高校駅伝競走大会に出場する和歌山県代表・智弁和歌山は都大路初出場!!

文武両道をスローガンにかかげるチームです。

県内有数の進学校として知られる智弁和歌山、

放課後の1~2時間という限られた練習時間を効率よく使ってトレーニングに励んで見事優勝を掴みました。

「多くの人の支えによって目標にしていた夢の舞台で走ることができます。
感謝の気持ちをタスキに込めて、部員全員が気持ちを一つに都大路を力一杯駆け抜けます」

と意気込みを語っている智弁和歌山高校、

智弁和歌山高校の都大路のメンバーや3年生の進路、自己ベスト記録などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

【全国高校駅伝2019男子】智弁和歌山高校のメンバー

 

選手 学年 5000m記録
池本篤史
3
岡田朋也
3
14分49秒76(18/9/23)
折口雄紀
3
14分36秒41(19/10/19)
橋本結登
3
15分35秒33(18/11/24)
山崎寛太
3
14分49秒04(19/10/19)
北山諒太
2
15分05秒10(19/9/22)
下津開生
2
15分16秒01(18/11/24)
花本達紀
2
14分57秒87(18/12/15)
久保亮太
1
15分33秒36(19/9/22)
福井創大
1
15分41秒24(19/10/19)

【全国高校駅伝2019男子】智弁和歌山高校の注目選手は?

【全国高校駅伝2019男子】智弁和歌山高校の注目選手は、

チーム内トップの5000mの自己ベスト記録を持つ、3年生の折口雄紀選手です!

折口雄紀選の出身中学校は和歌山県紀美野町立美里中学校、

折口雄紀選手は智弁和歌山高校卒業後は【東海大学】で競技を継続します。

箱根駅伝で初優勝した東海大学といえば、世代トップクラスの選手が集うことで知られますね。

折口雄紀選手の東海大学進学後の活躍にも期待しましょう!

智弁和歌山高校の3年生では副将を務める山崎寛太選手が【同志社大学】に進学予定、

ただし競技継続の継続については未定とのことです。

智弁和歌山高校は文武両道をモットーにしている高校なので、山崎選手もかなり学業成績が優秀だと思われます。

山崎寛太選手は関西の名門、同志社大学では学業の方に重きを置きたいのでしょうか・・?

【全国高校駅伝2019男子】智弁和歌山のメンバー!注目選手の進路や出身中学は?まとめ


創部3年目で初の全国大会の切符を手にした和歌山県の智弁和歌山高校。

橋本結登主将(3年)は「初出場なので少し緊張するが、県大会よりもいい走りができるよう、みんなで精いっぱい頑張りたい」と決意を語っています。

チームの中心選手である3年生の折口雄紀選手は【東海大学】に進学し競技を継続。

山崎寛太選手は【同志社大学】に進学しますが競技継続については【未定】ということです。

はじめての都大路に挑む智弁和歌山高校、

どんな走りを見せてくれるでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です