コロナ感染和歌山市役所職員の家族構成や行動歴は?都市再生課への出勤日や業務内容は?

和歌山市は、和歌山市役所都市再生課の50代男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

和歌山市役所都市再生課の男性職員は12日に発熱し、

13日から病気休暇を取得。

医療機関を受診し、新型コロナウイルス検査で18日に陽性と判明しました。

和歌山市役所都市再生課職員の男性は自宅待機しており、19日に入院予定ということです。

新型コロナウィルスに感染した職員が所属する都市再生課は和歌山市役所9階にあり、

和歌山市は職場とフロアの共有部分を消毒しました。

男性職員の家族や課の職員にも検査を実施するということです。

和歌山県で新型コロナウィルスに感染した和歌山市役所都市再生課職員の男性について、

現時点でわかっていることをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

新型コロナウィルスに感染した和歌山市役所都市再生課男性職員の業務内容は?出勤していたのはいつまで?


和歌山市は、市役所に勤める50代の男性職員が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

感染が確認されたのは、和歌山市の都市再生課に勤める50代の男性職員です。

新型コロナウィルスに感染した職員は出勤していた今月12日に発熱し、ウイルス検査で一度陰性となりましたが、肺炎の症状が見られたため、別の病院で改めて検査を行い、18日夜、陽性が確認されたということです。

男性職員は13日以降は出勤しておらず、現在、せきや発熱がみられるものの、症状は安定しているということです。

スポンサーリンク

新型コロナウィルスに感染した和歌山市役所都市再生課男性職員の行動歴は?


和歌山市は19日、市都市再生課に勤務する50代男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

和歌山市は、この職員の行動を確認するとともに、接触があったほかの職員や家族など合わせて40人について、ウイルス検査をして感染の経路を調べています。

職員は窓口で市民と接触する業務ではなかったとされています。

和歌山市役所では、19日午前7時前に職員およそ10人が集まり、30分ほどかけて市役所9階にある都市再生課の部屋でアルコールなどを使った消毒作業を行いました。

和歌山市では、当面の間、都市再生課や同じフロアにあるトイレを立ち入り禁止にしますが、それ以外の窓口業務は通常どおり行うということです。


スポンサーリンク

新型コロナウィルスに感染した和歌山市役所都市再生課男性職員の家族構成は?


新型コロナウィルスに感染した和歌山市役所都市再生課男性職員には同居家族がいるということですが

くわしい家族構成については不明です。

男性の家族とともに、課の全職員、発熱以降に男性と接触した職員らの検査を実施し、検査対象者を自宅待機としています。

まとめ


和歌山市は和歌山市都市再生課に勤務する50代の男性職員が感染したと発表しました。

男性は、今月12日に39度の熱があり、複数の医療機関を受診したのちに、検査をしたところ、18日、陽性が確認されました。

発熱後は出勤しておらず、詳しい感染経路は、分かっていません。

男性は、和歌山市役所の庁舎で、都市計画などを担当していて、窓口で市民と接触する業務ではありません。

和歌山市は、男性と接触のあった職員などを自宅待機にして、検査することにしています。

男性が働いていたフロアなどの消毒作業は、すでに終わっていて、市役所の窓口業務は、通常通り行われると発表されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です