山本尊仁(筑波大)の学部や偏差値は?出身中学高校や自己ベスト!箱根駅伝にエントリー!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝!

2020年の箱根駅伝の見どころといえば・・!

なんといっても国立の筑波大学が26年ぶりに箱根路に復活したことではないでしょうか?

現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん」で登場する主人公の1人・金栗四三の母校・旧東京高等師範学校を前身とする筑波大学が26年ぶりの本戦出場!

運命的なものを感じずにはいられませんよね!

筑波大学は2015年に就任した引山勉監督が「クラウドファンディング」で資金を集め強化費などに当てるなど、国立大学ならではの苦労話も・・

国立大学の筑波大学、全国高校駅伝出場校の選手も入学しているものの、一般入学の選手ももちろんおり、中には医学部の学生も!

前評判を覆し、箱根駅伝予選会は6位で通過!

今回は、筑波大学の箱根駅伝登録メンバーに選ばれた、

山本尊仁(やまもとたかひと)選手をご紹介します!

スポンサーリンク

山本尊仁選手(筑波大学)のプロフィール

名前 山本尊仁(やまもとたかひと)
生年月日 1999年9月7日
出生地 大阪府
身長 166cm
体重 50kg
血液型 AB
出身中学 青山台中学校
出身高校 春日丘高校
好きな女性有名人 石原さとみ
宝物 地元の友達との写真
気分をあげているもの ヒップホップ
箱根が終わったらしたいこと 飲み会

スポンサーリンク

山本尊仁(やまもとたかひと)選手(筑波大学)の学部と偏差値は?

山本尊仁(やまもとたかひと)は【理工学群・ 応用理学類】の2年生、

筑波大学理工学群・社会工学類の偏差値は【62〜65】となっています。

筑波大学は医学部生の川瀬宙夢選手をはじめ、

同じ医学群の田川選手、

理系の猿橋選手など、文武両道ランナーが箱根駅伝のメンバーにエントリーされています。

山本尊仁選手(筑波大学)の出身中学高校は?

山本尊仁選手は大阪府出身です。

出身中学校は、吹田市立青山台中学校

出身高校は、大阪府立春日丘高校です。

春日丘高校は大阪府茨木市にある府立高校です。

通称「かすこう」。

偏差値68の進学校で、多くの生徒が大学進学を希望します。

「自主、自律、自由」がモットーとして語り継がれ、服装の自由化を実施しているほか、

「学業と部活動が両輪となって人間を形成する」という考えから部活動にも力を入れている高校です。

進学先として多いのは、関西の有名私大関関同立が多いですが、

国公立では京都大学などにも進学実績があります。

山本尊仁選手(筑波大学)の自己ベスト記録は?

山本尊仁選手(筑波大学)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 5000m 14分53秒86
  2. 10000m 30分50秒54
  3. ハーフ 66分52秒

出典 筑波大学箱根駅伝復活プロジェクト

山本尊仁選手(筑波大学)は2020年箱根駅伝何区を走る?

山本尊仁選手(筑波大学)は2020年箱根駅伝何区を走るのでしょうか?

山本尊仁選手本人が箱根で1番力を出せる区間は【10区】だそうです!

西選手、金丸選手、猿橋選手の3人を軸に往路で高位置につけたい筑波大学。

29日の区間エントリー発表が楽しみですね!

山本尊仁選手(筑波大学)の学部や偏差値は?出身中学高校や自己ベスト!箱根駅伝にエントリー!まとめ

伝統校が令和初の箱根駅伝で復活!

筑波大学の箱根駅伝本戦出場は、令和初の箱根駅伝の大きなトピックとなっていますね。

蘇った【黄色のタスキ】に注目です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です