池田耀平(日体大)の出身中学高校は?2020箱根は1区?自己ベストや駅伝の成績も!

令和初の箱根駅伝まであとわずかとなりましたね!

箱根駅伝の常連校といえば、

箱根駅伝参加の大学中初出場から一度も途切れされずに連続出場最多72回の記録を誇る古豪日本体育大学(日体大)の存在は書かせませんね!

2018年の箱根駅伝では4位だった日体大でしたが、昨季は我慢の1年となりました。

そんな日体大の主力のひとりが、3年生の池田耀平選手。

池田耀平選手、2019年の箱根駅伝で1区を走っていたことも記憶に新しいのですが

昨季は三大駅伝すべてで1区を走っているんですよね!

今回は、日体大の3年生池田耀平選手の経歴や自己ベスト記録、駅伝での成績をご紹介していきます。

スポンサーリンク

池田耀平選手(日体大)のプロフィール

名前 池田耀平(いけだようへい)
生年月日 1998年6月22日
出生地 静岡県島田市
身長 164cm
体重 49kg
血液型 A
出身中学 島田第一中学校
出身高校 島田高校
好きな女性有名人 齊藤京子
好きな食べ物 ラーメン
自覚している性格 内気
宝物 家族

スポンサーリンク

池田耀平選手(日体大)の出身中学高校は?

池田耀平選手は静岡県島田市の出身。

静岡県島田市で合宿をする大学もありますよね(2019年11月は国士舘大学が島田合宿をしています)

こでらん

出身中学校は、島田市立第一中学校、

高校は、島田市立第一中学校からほどちかい県立島田高校に進学しています。

静岡県立島田高校は、静岡県最強の公立といわれる駅伝の名門です。

法政大学の前キャプテンの大畑和真選手、

中央大学の主務を務めていた茂川聖真さんらは池田選手の2学年先輩、

法政大学の増田蒼馬選手は1学年先輩、

池田選手の1学年後輩になるのが大畑和真選手の弟、日本体育大学の大畑怜士選手です。

池田耀平選手(日体大)の自己ベスト記録は?

池田耀平選手(日体大)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  • 5000m 13分58秒52
  • 10000m 29分13秒11

池田耀平選手、大学3年となった今季自己ベスト記録を更新していますね!

池田耀平選手(日体大)の駅伝の成績は?

池田耀平選手というと【1区】というイメージがありますよね!

実際に、昨季の大学三大駅伝すべてで1区を走っているのが池田耀平選手。

  1. (18出雲)1区14位
  2. (18全日本)1区13位
  3. 95回箱根駅伝 1区12位
  4. (19全日本)1区8位

池田耀平選手、大学三大駅伝ではみごとに【1区】ばかり!

2年生の時に箱根駅伝に初出場し1区12位、

3年生となった今季は全日本大学駅伝で1区を走り区間8位の成績を残しています。

池田耀平選手(日体大)は2020箱根駅伝は1区を走る?

日本体育大学3年生の池田耀平選手、

過去4度の大学三大駅伝では全て1区を走っている・・!

日体大の1区といえば池田耀平選手という感じがしますよね。

そんな池田耀平選手、2020箱根駅伝は1区を走るのでしょうか??

すでに日本体育大学の主力選手として定着している池田耀平選手、

2020年の箱根駅伝で、池田耀平選手が1区を走る可能性はかなり高いのではないかと思われます。

池田耀平選手(日体大)の出身中学高校は?2020箱根は1区?自己ベストや駅伝の成績も!まとめ

静岡県島田市出身の日本体育大学3年生、池田耀平選手。

大学三大駅伝では1区を務めていますので・・積極的で強気な性格なのかな?と思いましたが

意外にも性格は【内気】なのだそう!

日体大の中でも屈指のスピードランナーで、5000mの自己ベスト記録は13分台です。

令和初の箱根駅伝でも1区のスタートラインに立っている池田耀平選手の姿がイメージできますね・・!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です