田川良昌(國學院大)の出身中学高校や自己ベストは?箱根駅伝2020にエントリー!

もうすぐいよいよ令和初の箱根駅伝ですね!

令和初の出雲駅伝で初優勝した國學院大學!

國學院大学というと、山の神浦野雄平選手や、出雲駅伝で劇的な逆転劇を演じた主将の土方英和選手に注目が集まっていますが、

國學院大學は「三本柱」の4年生だけでなく、下級生の新戦力も台頭してきています。

今回ご紹介するのは3年生の田川良昌選手です。

八千代松陰高校出身の田川良昌選手、

どんなランナーなのでしょうか?

スポンサーリンク

田川良昌選手(國學院大學)のプロフィール

名前 田川良昌(たがわよしまさ)
生年月日 1999年1月28日
出生地 千葉県
身長 174cm
体重 56.4kg
血液型 Bを
出身中学 四街道中学校
出身高校 八千代松陰高校
好きな女性有名人 木村文乃
宝物 お守り
気分をあげているもの You Tube
箱根が終わったらしたいこと 夜の渋谷を散策

スポンサーリンク

田川良昌選手(國學院大學)の出身中学高校は?

田川良昌選手は千葉県出身。

出身中学校は、四街道市立四街道中学校です。

高校は八千代松陰高校に進学をしています。

東海大学の羽生拓矢選手、

東京国際大学の内山亮太選手は八千代松陰高校の先輩、

青山学院大学の飯田貴之選手
明治大学の富田峻平選手、

法政大学の糟谷勇輝選手、

守角隼選手、

中園慎太朗選手は後輩です。

また、同じ國學院大學の3年生、

森秀翔(もりしゅうと)選手は八千代松陰高校の同級生でもあり、ライバルである存在だということです。

ただ、森秀翔(もりしゅうと)選手は2020年の箱根駅伝の登録メンバーからは外れています。

最終学年となる2021年大会は、八千代松陰高校コンビとして箱根駅伝に出場してほしいですね!

田川良昌選手(國學院大學)の自己ベストは?

田川良昌選手(國學院大學)の自己ベスト記録は以下の通りです。

  1. 5000m 14分23秒83
  2. 10000m 29.42.65(17年)
  3. ハーフマラソン 1.04.12(19年)

田川良昌選手(國學院大學)が箱根駅伝2020にエントリー!

箱根駅伝2020にエントリーした國學院大學の田川良昌選手。

田川良昌選手が箱根で1番力を出せる区間は【7区】ということです。

ハーフマラソン1時間04分のタイムを持つ田川選手、復路での起用となるでしょうか?

國學院大學は今季戦力充実、見事な上昇曲線で往路優勝も可能といわれています。

令和初の箱根駅伝、往路のゴールテープを切るのは國學院大學かもしれませんね!

田川良昌選手(國學院大學)の出身中学高校や自己ベストは?箱根駅伝2020にエントリー!まとめ

2020年の箱根駅伝の國學院大學チームのメンバーに選ばれた3年生の田川良昌選手。

箱根駅伝に多くのランナーを輩出してきた千葉県の八千代松陰高校の出身です。

今季の箱根駅伝では、八千代松陰高校の先輩、後輩たちと再会することになるんですね!

八千代松陰高校からのライバルである同じ國學院大學の同級生、森秀翔選手とも切磋琢磨していってほしいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です